/

この記事は会員限定です

商用の電気自動車 欧中勢先行、規制背景に普及

[有料会員限定]

▽…世界的な脱炭素の流れの中で、トラックやバスを電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)に転換する機運が高まっている。国産の商用EVのラインアップが少ない中で、中国の比亜迪(BYD)は、2015年に大型EVバスを日本の事業者に初めて納入した。日本勢では三菱ふそうトラック・バスが17年に積載量が最大約4トンのEVトラックを発売。いすゞ自動車日野自動車は22年以降の投入を見込む。出遅れた日本メーカーもようやく動き出している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン