/

この記事は会員限定です

米ゾエティス、3カ月ぶり安値圏

金利上昇局面、割高感強く

[有料会員限定]

米株式市場で動物向け医薬品メーカー大手のゾエティスの株価が9月下旬に急落した後、戻りが鈍い。株価は9月28日には192.77ドルと3カ月ぶりの安値を付け、10月以降も節目の200ドルを終値で下回り続けている。金利上昇で割高感を嫌気した売りが広がり、S&P500種株価指数が直近高値の9月24日からの下落率は1%に対して、同社は3%と下げが目立つ。

同社は動物向けの薬やワクチンなどを世界100カ国以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン