/

この記事は会員限定です

電動車普及、カギは電池 カルシウム電極、実用急ぐ

静岡理工科大学 理工学部准教授 東城友都氏

[有料会員限定]

自動車産業の中でも、液体燃料と蓄電池を搭載したプラグインハイブリッド車(PHEV)や蓄電池のみを搭載した電気自動車(EV)は、大気汚染対策や脱炭素社会の実現に向けて期待が高まっている。PHEV・EVの国内メーカーは電池・蓄電技術に関する多くの特許を有し、日本の科学技術が世界のトップクラスであることを象徴する。

静岡県内には工業地域に大手自動車関連メーカーの主力工場があり、電池・蓄電技術に関する特許...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン