/

この記事は会員限定です

IoT、脆弱性放置12万台

サポート切れでサイバー攻撃の恐れ 開発の分業化、更新阻む

[有料会員限定]

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器でソフトウエア更新を行わないサポート切れにより、12万台の製品がサイバーセキュリティー上の欠陥があるまま放置されている恐れがあることがわかった。一部でもソフト更新が進まないと、脆弱性を残したままになる。サポート切れを知らずにいたり、買い替え費用を節約したりする人がいることが、サイバー攻撃リスクの拡散につながりかねない。

調査はセキュリティースタートアップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン