/

この記事は会員限定です

英港湾で水素活用事業

豊通、設備の脱炭素化推進

[有料会員限定]

豊田通商は英中部の港の「脱炭素化」を進める事業に乗り出した。港で使うクレーンやフォークリフトの動力源を重油やディーゼルから、水素を用いる燃料電池に切り替える。エネルギーや大手重電メーカーとも組み再生可能エネルギーを使って水素を製造、2025年の商用化を目指す。

独エネルギー大手ユニパー、独重電大手のシーメンス・エナジー、英の港湾運営業者ABPと組んだ。英政府の補助金を受け、同国で取り扱い貨物量が最大のイミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン