/

この記事は会員限定です

JCRファーマ、希少疾患薬24年度にも欧米で承認申請

[有料会員限定]

JCRファーマは8日、呼吸障害や知的障害を伴う希少疾患「ハンター症候群」の治療薬候補について、2024年度にも米国や欧州で承認を申請する方針を明らかにした。武田薬品工業と共同で、22年の初頭にも複数国にまたがる最終段階の臨床試験(治験)を始める。

JCRの芦田信会長兼社長が日本経済新聞社などの取材に対し、明らかにした。

武田薬品と共同開発する治療薬候補「JR-141」は、脳の血管内の「血液脳関門」を通過して脳内に有効成分を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン