/

この記事は会員限定です

京都市、地下鉄11%・バス9%運賃値上げ軸に 案公表

「経営健全化団体」脱却狙う

[有料会員限定]

京都市は8日、市営地下鉄・市バスの運賃値上げを内容に盛り込んだ中長期の市営交通の経営計画案を公表した。2024年度ごろに地下鉄で約11%、市バスは約9%の値上げを軸に検討する。新型コロナウイルス禍で市営交通事業の経営は悪化しており、市交通局によると両事業を維持するために値上げは不可避だという。

市営交通の21~28年度までの経営計画を検討する有識者委員会で公表した。地下鉄で現在の区間運賃に30円上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン