/

この記事は会員限定です

この父ありて 作家・歌人 辺見じゅん(3)

哀感と孤独がつないだ2人 梯久美子

[有料会員限定]

辺見じゅんの文学的出発は小説だった。1964(昭和39)年、25歳になる年に本名の清水眞弓名義で『花冷え』を刊行している。前年に結婚し、姓が角川から清水に変わっていた。

〈その作品を読んだ父から、「こんな小説の一篇(ぺん)位は、誰だって書ける。もっと人生を知ってから書きなさい」/一喝されて以来、私は一切書かなくなった〉(「夢ありて楽し」)

これ以降、彼女は小説を一篇も書いていない。ノンフィクション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン