/

この記事は会員限定です

日銀、地銀8割が支援対象 金利上乗せ1000億円規模

成長・地域再生へ活用焦点

[有料会員限定]

地域金融機関に経営改善を促す政府・日銀の支援策が動き出す。経費削減を条件に日銀が上乗せ金利を払う制度は地方銀行の8割が対象になる見通しで、信用金庫などもあわせると最大で年1000億円規模になりそうだ。金融庁が再編に伴う経費の一部を補助する制度も適用第1号が決まった。支援で得た資金をいかに成長投資や地元支援に振り向けるかが問われる。

金融庁は経営統合や合併に伴う店舗統廃合・システム改修にかかる費用の一部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン