/

この記事は会員限定です

岩谷産業、尼崎に水素研究所

他社と研究も

[有料会員限定]

岩谷産業は兵庫県尼崎市内の同社中央研究所内に水素研究部門を開設した。燃料電池車(FCV)に水素を充填する「水素ステーション」の建設費を抑えるための材料研究を進めるほか、バイオマス燃料を使うなど環境負荷が低い水素の製造手法について研究する。研究機関は他社にも開放し共同研究する。

1日付で新たに開設したのは「岩谷水素技術研究所」。超低温の液体水素を運搬する材料や、水素の漏れを防ぐ配管などを研究できる設備を設置...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン