/

この記事は会員限定です

旭化成、中国で蓄電池部材

[有料会員限定]

【対訳】日本の化学メーカー、旭化成は中国で現地のパートナーとリチウムイオン電池用のセパレーターの生産に乗り出す。中国市場で(1)急成長している(2)再生可能エネルギーによって蓄電池の需要が増えると期待している。

旭化成は上海エナジーと提携し、来年に南東部の江西省に工場を建てる。旭化成の小堀秀毅社長が金曜日(9月17日)、事業説明会で明らかにした。セパレーターの世界最大手であるこの中国のパートナー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン