/

この記事は会員限定です

三菱UFJ国際投信、一任運用で楽天証券と連携

来年から地銀向け

[有料会員限定]

三菱UFJ国際投信と楽天証券が投資一任サービスで連携する。まとまった資産の運用を一任するファンドラップと人生設計に合わせた資産形成の助言を組み合わせた新たなサービスを2022年1月から地方銀行を通じて提供する。楽天証券が持つラップサービスの基盤と三菱UFJ国際の運用力で退職後の資産運用ニーズを取り込む。

新サービスの名称は「マネーの一任」。採用先の地銀は10行程度、契約残高は1兆円規模を目指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン