/

この記事は会員限定です

カリスマ店員、ネットが主戦場 コロナ下のアパレル

ベイクルーズ、年商1億円のすご腕も SNS駆使販促100通り

[有料会員限定]

アパレル販売員の活躍の場が店頭からネットに変わってきた。大手セレクトショップのベイクルーズ(東京・渋谷)は動画やデータアナリストによる顧客分析などを駆使し、ネットで年1億円売る店員が登場。同社のネット売上高比率は5割になり、新型コロナ下で苦戦する業界で先行する。今後はネットで活躍する販売員への収益還元など処遇が課題になる。

抹茶色のニットにTシャツ、英国のロックバンド「ザ・スタイル・カウンシル」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1539文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン