/

この記事は会員限定です

「低炭素住宅」県内建設ラッシュ

電気代低減、暮らし快適

[有料会員限定]

神奈川県内で断熱性能などが高く温暖化ガスの排出を抑制する「低炭素住宅」の建設が相次いでいる。2050年までに温暖化ガス排出を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」に貢献できるだけでなく、電気代を低減し、快適に過ごせることから消費者ニーズも高まり始めている。住宅メーカーは低炭素住宅の普及へ商品開発を急ぐ。

東京セキスイハイムは横浜市瀬谷区に16戸の戸建て分譲住宅の販売を9月に始めた。全戸がカーボンニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン