/

この記事は会員限定です

尿の微量な糖から発電

東京理科大など、医療用センサーに

[有料会員限定]

東京理科大学の四反田功准教授らは、尿に含まれる微量な糖を使って発電するバイオ燃料電池を開発した。無線機とつなげれば、外部の電力を使わずに尿中の糖の濃度や尿の存在を検出するセンサーに応用できる。糖尿病の治療や介護現場の負担軽減につながる技術だ。5年後をめどに実用化を目指す。

バイオ燃料電池は生物が出す糖などを使って発電する。体内で医療に必要な情報を取得して無線で送るセンサーなどへの応用が研究されてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン