/

この記事は会員限定です

十八親和銀 発足1年(上)「長崎に上場企業 誕生を」

ふくおかFG流で変革 起業・デジタル化 支援

[有料会員限定]

十八親和銀行が発足して1年がたった。地域で圧倒的なシェアを持つ地銀の誕生が少子高齢化や造船など基幹産業の衰退に直面する地域経済をどう下支えしているのか。統合の過程で懸念された寡占の弊害は起きていないのか、探った。

「長崎に10年以内に上場企業を誕生させる」――。十八親和銀行を傘下に持つふくおかフィナンシャルグループ(FG)が7月、こんな目標をかかげ、長崎市と共同で起業家育成プログラムを立ち上げた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン