/

この記事は会員限定です

ESG開示、取引網全体に EU人権指針 日本対象か

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)に関連する情報開示の射程が広がっている。企業は自社だけでなく、原材料の調達から販売に至る取引網全体でESGに取り組む必要が強まる。人権侵害や環境汚染への対応や、ESG関連の情報開示が不十分であれば投資家だけでなく取引先からも外されるリスクが高まってきた。

「欧州連合(EU)で法制化されても対応しないといけない」。ある国内食品メーカーのサステナビリティー部門の担当者はい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン