/

この記事は会員限定です

衆院解散14日軸に調整

あす組閣、野田聖子氏入閣へ

[有料会員限定]

自民党の岸田文雄総裁は4日召集の臨時国会で首相に指名された後、会期末の14日を軸に衆院を解散する調整に入った。衆院選の投開票日は11月7日か同14日になる見通しだ。岸田氏は党総裁選で争った無派閥の野田聖子元総務相を入閣させる意向だ。

岸田氏は10月4日に衆参両院の首相指名選挙で指名され、第100代首相になる。同日中に自民、公明両党による連立政権が発足する。同日午後に組閣本部を設置し新内閣を発足させ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン