/

この記事は会員限定です

経済再開、世界でエネ逼迫 冬の電力不安定化も

天然ガス、消費増で欧州在庫16%減/石炭は中国で5年平均より15%減

[有料会員限定]

世界でエネルギー供給に異変が生じている。欧州では天然ガスが不足し足元の在庫が平時を16%下回る状況だ。中国では石炭在庫が平時の15%減にまで落ち込んでいる。脱炭素で化石燃料への投資が滞るなか、経済活動が再開したことでエネルギー需要が回復し需給が引き締まった。冬場の冷え込み次第では電力供給が不安定化しかねず、警戒が高まる。

発火点の一つは欧州だ。ガス業界団体GIEによると、欧州のガス貯蔵能力に占める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン