/

この記事は会員限定です

海外の同胞守るには

安全見極めよりまず動け 東京国際大学教授 武田康裕氏

[有料会員限定]

イスラム主義組織タリバンの攻勢でアフガニスタン政府が短期間に崩壊する事態となり、在外邦人や日本に関係する現地職員の緊急時の救出に課題を残した。企業のグローバル化で在外邦人は増加傾向にある一方で、朝鮮半島や台湾海峡という火種を抱える。政府は救出体制をどう見直すべきなのか。

在外邦人などの輸送に自衛隊を派遣するのは今回で5回目だった。基本的に自衛隊の海外派遣に慎重姿勢である日本政府が、緊迫した状況のア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン