/

この記事は会員限定です

艦艇事業の三菱重工新会社 三井系と技術協力も

[有料会員限定]

三井E&Sホールディングス(HD)の艦艇・官公庁船事業を買収した三菱重工業の新会社が1日、岡山県玉野市で発足した。事業承継の動きが本格化する。

新会社は「三菱重工マリタイムシステムズ」。三菱重工の100%子会社だ。三井E&SHDが所有する玉野艦船工場の土地・建物を借り受け、同工場の従業員700人のうち約400人を社員として採用した。

今回の買収で三菱重工は玉野に進出したが、三井E&SHDは同工場から撤収はしない。船の骨格、船殻(せん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン