/

この記事は会員限定です

コロナ下のIR活動様変わり

[有料会員限定]

最高財務責任者(CFO)の主要業務であるIR(投資家とのエンゲージメント)活動が様変わりしている。

新型コロナウイルス禍前は年2回決算後に米欧アジアで投資家面談という企業が多かった。エディンバラやボストンなど投資家集積都市で、競合企業の経営者が接近遭遇という光景も珍しくなかった。

コロナ以降、IRはリモートで行われ投資家に物理的に会うことはほぼなくなった。日本IR協議会などの調査によると、企業・投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン