/

この記事は会員限定です

岸田氏、派閥との調整優先

党人事の正式決定、1日先延ばし 河野氏の要職起用見送り

[有料会員限定]

自民党の岸田文雄新総裁は党四役を含めた新体制の正式決定を総裁選翌日の30日とせずに10月1日に持ち越した。総裁選で支持を受けた細田派や麻生派などとの調整に時間をかけるためで安定した政権運営が狙いだ。決定過程からは派閥への配慮や論功行賞を避けられなかった新政権の姿も浮かぶ。(1面参照

総裁選出から一夜明けた30日午前。岸田氏が党本部を出て最初に向かったのは都内のホテルだった。麻生派を率いる麻生太郎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1311文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン