/

この記事は会員限定です

映画とグルメ 斉田育秀(5)

時代と人生重なる高級酒 007も愛飲 ワインやカクテル

[有料会員限定]

映画の中で最も頻繁に登場する飲食物といえばおそらく「酒」で、日本映画では日本酒とビールがその双璧だ。酒には「間を持たす」という役目や、高級酒は「ステイタスの象徴」にもなる。映画の中の高級酒が時代とともに、ウイスキー(国産・輸入品)・ブランデー(コニャック・アルマニャック)・カクテル・ワイン・シャンパンと変化して行くのも興味深い。加えて、「どのような役者が、何という役名で、どんな酒を飲んでいたか?」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1234文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン