/

この記事は会員限定です

再生エネ拡大へ減収補填 出力抑制時の影響軽減

経産省検討 企業の投資後押し

[有料会員限定]

経済産業省は、再生可能エネルギーの出力抑制の対策を年内にもまとめる。太陽光や風力による発電を抑える必要が生じた事業者の収入補填を検討する。需要を上回る発電は停電につながりかねず、出力制御を迫られる場合がある。支援の仕組みを整え、企業が収益を失うリスクをなるべく負わずに再生エネの供給能力を高められるようにする。

資源エネルギー庁が3日、エネルギー基本計画の改定案に関する意見公募を始めた。「一定の金銭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン