/

この記事は会員限定です

特定技能、外国人支援の強化を

NPO法人・日越ともいき支援会代表理事 吉水慈豊

[有料会員限定]

新型コロナウイルスが流行した昨年春以降、帰国が困難になったり解雇されたりしたベトナム人技能実習生や留学生ら約400人を当会で保護した。今夏ごろからは「特定技能」の在留資格で働く人からの相談が目立つ。このまま受け入れを拡大すればどうなるか。外国人支援の仕組みが不十分だ。

出入国在留管理庁によると、2019年に創設された特定技能の資格で働く人は21年8月末時点で約3万5千人。前年同期の4倍以上だ。従来...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン