/

イチゴ栽培、肥料に調理くず

戸田建設が技術、茨城で量産へ 環境配慮で地域連携

[有料会員限定]

準大手ゼネコンの戸田建設は、飲食店などの食材の廃棄ごみを肥料に使ったイチゴ栽培の技術を開発した。茨城県常総市の農業施設で自治体などと連携してイチゴを量産し、近隣の商業施設などで販売するといった事業化の検討に入る。イチゴ栽培を核に、地域創生につながる環境配慮のビジネスモデルを作る。

このたび農業関連のIT(情報技術)スタートアップのルートレック・ネットワークス(川崎市)や明治大学などと共同で、飲食...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン