/

この記事は会員限定です

サステナビリティー経営の現在(下) 従業員も問題解決意識を

長谷川直哉・法政大学教授

[有料会員限定]

サステナブル(持続可能な)投資が世界的なムーブメントとなり、経営陣との対話を通じて、持続可能な事業ポートフォリオへの移行を後押しする投資家が増えている。

一方、2015年の国連のSDGs(持続可能な開発目標)や温暖化ガス削減目標を定めたパリ協定を、リスクと捉える経営者は少なくない。競争優位を支えてきた資源・エネルギー多消費型経営に「NO」を突きつけているからである。

サステナビリティー経営の起点と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン