/

この記事は会員限定です

株主総会の議決権、信託銀経ず行使 来月から慣習見直し

機関投資家が電子投票

[有料会員限定]

株主総会のデジタル化が加速する。10月から業界慣習が見直され、運用会社などの機関投資家がインターネットを通じて議決権を行使しやすくなる。機関投資家の多くが電子投票となれば、集計作業が効率化するなどの効果が見込まれる。実際の会場を設けないオンライン総会も今後増える見通しで、海外に比べて遅れているデジタル化に弾みがつきそうだ。

株主が総会で意思表示をする議決権行使には、出席して採決時に賛否を示す方法と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン