/

この記事は会員限定です

長期的な研究開発カギ

中国・深圳大教授 陶一桃氏

[有料会員限定]

アリババや滴滴出行(ディディ)、騰訊控股(テンセント)などのネット大手に対する中国政府の処分は独占禁止法に基づくもので、業界の独占を抑える意図が根本にある。消費者の権利が保護され、よりよい市場の秩序が構築されるため、長期的にみて企業の発展を阻害したり影響したりすることはないだろう。

企業は自らの独占行為を抑えて公平競争の原則を守り、大企業であれば社会的責任を果たさなければならない。独占を防ぎ、国家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン