/

この記事は会員限定です

訪日客6000万人目標かすむ

GoTo判断難しく、総裁候補「再開めざす」「見直しを」

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が長引き、観光立国の戦略が試練に直面している。目先はワクチン接種者を対象にした行動制限の緩和が大きな政策課題だ。自民党総裁選ではコロナ対策で迷走が指摘された需要喚起策「Go To」キャンペーン再開の是非も論点になっている。(1面参照

4人の候補者は25日の討論会で観光振興が経済再生に重要と強調した。河野太郎氏は「ワーケーションのような働き方や観光の楽しみも出てくる」と新たな需...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン