/

この記事は会員限定です

アベノミクス、浮かぶ距離感 本社世論調査

高市氏支持層は加速や継承求める/河野・岸田・野田氏支持層は修正に比重

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で自民党総裁選の4候補の支持層が求める政策を分析した。安倍晋三前首相の経済政策「アベノミクス」との距離感が浮かび上がった。河野太郎、岸田文雄、野田聖子の3氏の支持層は全体に比べて「修正すべきだ」を、高市早苗氏の支持層は「加速すべきだ」と「継承すべきだ」を選ぶ割合が大きかった。1面参照)

アベノミクスは大規模な金融緩和と財政出動、成長戦略を3本柱とする経済政策で菅義偉政権が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン