/

この記事は会員限定です

ニトリ、営業益4%減

3~8月、コロナ下「勝ち組」も減速

[有料会員限定]

ニトリホールディングス(HD)の2021年3~8月期(上期)の本業のもうけを示す連結営業利益が前年同期比4%減の約770億円になったことが分かった。上期の営業減益は2年ぶり。新型コロナウイルス下の巣ごもり消費で家具が好調だった前年の反動が出た。コロナ下の消費の変化をとらえた勝ち組企業の業績拡大が減速する。

1月にホームセンターの島忠を子会社化した効果もあり、売上高は14%増の4140億円程度となった。ただ20%増として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン