/

この記事は会員限定です

「有事」の買収防衛、株高に影

株主軽視、海外勢が警戒

[有料会員限定]

中国恒大集団の債務問題が金融システムを揺るがす「有事」に至るとの懸念が後退し、24日の日経平均株価は3営業日ぶりに3万円の大台を回復した。株価は再び上昇基調に戻るのか、持続力に影を落とすのが日本企業のM&A(合併・買収)に絡む「有事」だ。

「絶対許せない」。17日に新生銀行がSBIホールディングスを対象にした買収防衛策を導入すると発表すると、SBIの北尾吉孝社長は周囲にこう息巻いた。SBIによる同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン