/

この記事は会員限定です

ソフトバンクGの投資先、法人サービスにシフト

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)傘下の「ビジョン・ファンド」が、BtoB(法人向け)のサービス企業への投資を増やしている。新型コロナウイルス感染拡大後、クラウド経由でサービスを提供する「SaaS」などが拡大し、法人向け市場の成長期待が高まったことがある。これまで多かった物流関連企業などへの投資は減り、戦略の変化がうかがえる。

ビジョン・ファンドは7月、オーストラリアのスタートアップ、Go1に出資した。表計算ソフトの使い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン