/

この記事は会員限定です

米緩和縮小、投資戦略は 金利上昇で米株不利に

モルガン・スタンレー アンドリュー・シーツ氏

[有料会員限定]

世界の投資環境に変調の兆しが増えてきた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は11月にも量的緩和縮小を決めると表明し、中国の不動産市場の先行きにも不安が広がる。一方で企業業績の回復が続くとの期待も根強い。視界不良の市場における投資戦略を米モルガン・スタンレーのチーフ・クロスアセット・ストラテジストのアンドリュー・シーツ氏に聞いた。

――9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果は、資産価格に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン