/

この記事は会員限定です

山本耀司(26) 拡大路線

辣腕入社「不可能」を実現 業界に「資本の論理」、退場者続々

[有料会員限定]

時の流れなのだろう。

1990年代から2000年代にかけてファッション業界は「資本の論理」が幅を利かせる時代に突入する。

仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンなど大手資本が独立系ブランドを次々に買収し、業界の集約化が進んだ。これに伴いデザイナーが創業したブランドで経営が危機に陥る企業も目立ってくる。

海外で活躍する日本人デザイナーの先駆け、森英恵さんも02年に民事再生法の適用を東京地裁に申請し、商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン