/

この記事は会員限定です

自民党総裁選、論争の行方

慶応義塾大学教授 土居丈朗

[有料会員限定]

9月29日投開票の自民党総裁選での政策論議がたけなわとなっている。争点となる経済政策について、経済論壇でも活発に議論されている。

今後のわが国の資本主義のあり方に関連して、早稲田大学教授の宮島英昭氏(9月7日付経済教室)は、企業統治には「新たな日本型モデル」の構築が求められると説く。企業統治改革に取り組んだ安倍政権期に、企業の自己資本利益率(ROE)は上昇したが、企業統治が設備投資や研究開発投資を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン