/

この記事は会員限定です

サステナビリティー経営の現在(上) トップは明確な哲学を持て

谷本寛治・早稲田大学教授

[有料会員限定]

サステナビリティー(持続可能性)革命の時代である。産業革命やデジタル革命のように、人類にとって大きな転換点である。

サステナビリティーの議論は1990年代から広がってきた。92年リオデジャネイロでの国連環境開発会議以降、10年ごとに持続可能な発展について政府の代表のみならず、非政府組織(NGO)、企業の代表らとともに議論されてきた。経済、環境、社会が関わりあっていることが認識され、その延長上にS...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン