/

この記事は会員限定です

コロナ「生活水準低下」24%

年収少ないほど打撃実感、家計や就業 不安浮き彫り

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症が生活水準に与えた影響を尋ねたところ、以前に比べて「低下した」と答えた人の割合が約4人に1人を占めることが、23日までの独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査で分かった。世帯年収が低い人ほどコロナ禍による経済的な打撃を感じている状況が示された。

調査は6月下旬、民間企業に勤務する人やフリーランスら20~64歳の計4881人を対象にインターネットで実施した。

生活水準が「低...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン