/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言の全19都道府県、病床使用50%下回る

第6波備え必須

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言下にある19都道府県で、9月末の期限での宣言解除が視野に入ってきた。確保病床使用率は基準の50%を下回り、新規感染者数も大都市圏の新たな指標で三大都市圏すべてが解除可能な水準となっている。感染拡大の「第6波」が懸念される中、医療提供体制の充実・維持が課題だ。

内閣官房が公表した9月21日時点のデータによると、政府の新型コロナ感染症対策分科会が示した指標のうち、病...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン