/

この記事は会員限定です

セブン、日米で「スマホレジ」

生産性向上、宅配など注力

[有料会員限定]

セブン―イレブン・ジャパンは日米の店舗で、利用客が自分のスマートフォンで商品バーコードを読み取り決済できる「スマホレジ」を導入する。客は会計待ちの列に並ぶ必要がなくなる。店側はレジ業務を減らして店頭商品の宅配など新サービスに注力できる。人手不足が深刻さを増すのに備えコンビニエンスストア各社はデジタル技術で生産性の向上を狙う。

スマホレジは、利用客が自分のスマホに専用アプリをダウンロードして使う。ス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン