/

この記事は会員限定です

ポストコロナの雇用(下) スキル高度化へ学び直しを

奥平寛子・同志社大学准教授

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が始まって、早くも1年半が過ぎた。リモートワークの拡大や対面業務の縮小など、新型コロナは多くの人の働き方を変えた。特に対面産業で働く人々にとっては、以前と同じように働ける日が戻ってくるのか、先が見通せない状況だ。

コロナ禍での労働市場の変化を踏まえて、どのような政策が求められるのか。望ましい政策を考える際の一つの鍵となるのが、コロナ後の労働市場で労働者に求められるスキル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン