/

この記事は会員限定です

親の土地に家を建てる 地代なし、贈与にあたらず

辻・本郷税理士法人 税理士 浅野恵理さん

[有料会員限定]

父親所有の土地に家を建てて住む考えです。父親は「地代も権利金もいらない」と言っていますが、その場合、父親からの贈与があるとして、私に贈与税がかかる可能性はありますか。

他人の土地を借りて家を建てる場合、借り主は貸主と賃貸借契約を結び「地代」を支払います。さらに借り主は貸主に「権利金」を支払うのが一般的です。土地の賃貸借では、借り主に借地権という強い権利が発生します。その対価として貸主に権利金を支払...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り561文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン