/

飲食店DX、無駄省き価値向上

サラダ専門店クリスプ モバイル注文9割、来客を分析

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を機に飲食業界に広がったモバイルオーダーやキャッシュレス決済。自社開発した決済端末を導入するなどいち早くデジタル化に着手し、顧客データに基づく経営を展開するのがサラダ専門店「クリスプ・サラダワークス」を運営するクリスプ(東京・港)だ。宮野浩史社長に事業戦略や今後の展開について聞いた。

――クリスプの事業内容について教えてください。

「サラダを健康のために仕方なく食べるも...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン