/

この記事は会員限定です

サッカーW杯「2年ごと」が物議 FIFAが改革案

南米や欧州連盟反発

[有料会員限定]

国際サッカー連盟(FIFA)が4年に1度のワールドカップ(W杯)を2年に1度の開催とする改革案に乗り出して物議を醸している。グローバル・デベロップメント部門のトップとして主導するのは3年前までアーセナル(イングランド)の監督を22シーズン務めたベンゲル氏で「現代サッカーに合致した提案と確信している」と語る。

1930年から過去21度のW杯には78カ国・地域が参戦。FIFA加盟211協会のうち6割以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン