/

この記事は会員限定です

(社説)省力型コンビニで社会問題の解決を

[有料会員限定]

ファミリーマートが無人決済型のコンビニエンスストアを2024年度中に国内1000店に拡大することを明らかにした。コンビニは生活インフラともいわれる。省力化を進めることで人口減の進む国内での社会問題の解決に一役買ってほしい。

同社が推進するコンビニは無人決済でレジ作業をなくしたのが特徴だ。天井の人工知能(AI)カメラや棚のセンサーが手に取った商品を把握し、顧客が決済端末の前に立つと金額が表示され電子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン