/

この記事は会員限定です

対中韓、環境船で巻き返し

今治造船、CO2ゼロのアンモニア燃料船 26年めど建造

[有料会員限定]

造船国内最大手の今治造船が航行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないアンモニア燃料船の建造に乗り出す。燃料にアンモニアを使う船はまだなく、欧米の海事機関と連携してアンモニアを安全に使うルールもまとめる。海の脱炭素が進むなかで「環境技術」の開発からルールづくりまで先行し、価格競争力を武器に世界シェア7割を持つ中韓勢に対し巻き返す。

2026年をめどに鉄鉱石輸送などに使う積載量20万トン超の大型ばら積み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン