/

この記事は会員限定です

全国学力テストでコロナ影響つかめず 学力の把握、世界に後れ

川口俊明・福岡教育大学准教授

[有料会員限定]

福岡教育大学の川口俊明准教授は、日本は学力調査で国際的に後れを取っていると指摘する。状況を改善するには政策の変更だけでなく、社会の理解も必要だという。

2021年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果が公表された。昨年度の全国一斉休校への関心から、休校期間と学力の間に関連が見られないという報道が多かったようだ。

こうした報道を見て、休校はそれほど学力に影響を与えないと思った人もいるかも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン