/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

五木寛之さんの短編小説「ある日曜日」は高齢者と車の関わりを描く。80歳になる「マコトさん」のただ一つの楽しみは愛車を運転すること。「無事これ名馬」が口癖で、50年以上事故を起こしていない。だが、身を案じる家族から免許を返納するよう声があがり――。

▼結局運転をやめたマコトさんは作家本人の姿に重なる。五木さんの場合は60代前半だった。新幹線で通過する駅名の表示が読めなくなったのがきっかけ、という。車が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン